【樹木と絵画の交差点】第3回 ~ゴッホとアーモンド~

2016年06月07日

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、オランダ出身の後期印象派の画家です。「ひまわり」の燃えるような黄色いタッチ、「星月夜」の不安げにうねる糸杉、その他にもオリーブの木や葡萄畑など、たくさんの樹木や植物を描きました。目に見える樹木の形を通して、ゴッホは自身の燃えるような内面を画面に託したかのようです。

(続きは ”樹木と絵画の交差点 NO-003” をクリックしてご覧ください)

樹木と絵画の交差点_NO-003

 

樹木と絵画の交差点_NO-003

  • 樹木に関するご相談のある方は、お気軽にお問い合わせください。
  • 日本のサクラ・マツを守る
  • Books
  • 社員ブログ
  • 日比谷花壇グループの環境活動hibiya-kadan
このページのトップへ