サービス紹介 緑地のリスクマネジメント

緑地の安全を保つために、倒木などよる事故を防ぐことは緑地管理に必須です。

日頃は私たちの心を癒し、夏に木陰つくるなど身近な樹木が、突然倒れる、枝が落下するなどして、思わぬ事故になることがあります。
車や建物を押し潰すなど物を破損するだけでなく、ときに人命かわる事態もあります。

事故が発生すると、樹木の所有者は管理責任を問われます。
大きく成長した樹木では、倒木などの事故危険性が大きいため、樹木診断の実績を持つ樹木医が 、樹木診断に協力いたします。

緑を取り入れた商業施設のエントラスや中庭などでは、樹木は施設のシンボルなり、憩いの場を作る効果がありますが、 多くの人が集まり行き交う場所では、樹木が生きるには厳しい状況になることもあります。
私たちは、樹木が健全であるかをチェックして、樹木が倒木することのないよう処置の計画を提案します。

根元が腐っていることに気づかないでいると、突然倒木することもあります。

枯枝や腐朽した枝を剪定しないでいると、 落下することもあります。

緑地のリスクマネジメントの進め方

Ⅰ. ヒアリングと樹木確認(無料サービス

現在の管理方法などについて簡単なヒアリングをします。また、写真を送っていただくか、可能な場合は樹木医が現況確認を行い概況についてコメントします。

03-3791-2901

お電話はこちら

Ⅱ. 調査

樹木の外観診断、機器による樹木診断、植栽概況調査などを行います。

Ⅲ. 計画

ヒアリング・現地確認、調査の結果に基づき、緑地の安全を確保するための指針、管理方法・処置方法・スケジュール等についてご提案します。(別途見積)

Ⅳ. 施工管理

計画に基づいて処置を行います。(別途見積)

こちらのサービスをよくご利用いただくお客様

  • ・官公庁
  • ・マンション緑地所有者
  • ・商業施設緑地所有者

引き続き、緑地のリスクマネジメントについてご協力することもできますので、ご相談ください。

樹木に関するご相談のある方は、お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ